スポンサーサイト

  • 2010.11.22 Monday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • by スポンサードリンク
  • in -
  • -
  • -
  • -

四天王寺

  • 2010.10.25 Monday
  • -

四天王寺は、蘇我馬子の法興寺(飛鳥寺)と並び日本における本格的な
仏教寺院としては最古のもの。

推古天皇元年(593)に建立されました。
今から1400年以上も前のことです。
『日本書紀』の伝えるところでは、物部守屋と蘇我馬子の合戦の折り、
崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が形勢の不利を打開するために自ら
四天王像を彫り 「もし、この戦いに勝たせていただけるなら、四天王を安置
する寺院を建立しましょう」 と誓願され、勝利の後その誓いを果すために
建立されたそうです。縁起の良いお寺ですね

講堂の中におられた「阿弥陀如来坐像」(松久朋琳・宗琳作)と
「十一面観音立像」(佐川定慶作)はとても大きく素晴らしい像なので、
拝観料がかかりますが、一見の価値があると思います。

ちなみに、「阿弥陀如来坐像」に「櫻子さんによろしく」と言われました。
なんで「阿弥陀如来」様にだけ言われたのかしら?と思っていましたら、
その後に櫻子さんがブログで頼まれ事をしたと知りました。
あぁ、それでなのね

あと、「十一面観音立像」は鳥肌立つくらいぞわぞわしました。
クールなオーラが好きな私にはたまりません(笑)。

こちらは井戸の前にいるかわいい龍ちゃんです。

2010101509300001.jpg

 
「亀の池」には名前の通り、亀がたくさんいました。

2010101509530000.jpg

基本的に、仏像や井戸のような史跡は拝観料を払わないと見れないのですが、
あれだけの建物や仏像を維持するためには仕方ないと思います。

朝に行ったのですが、次から次へと参拝客が来ていました。
地元に大切にされている由緒正しいお寺でした

おみくじ(四天王寺)

  • 2010.10.15 Friday
  • -

このみくじにあう人は
もの事を急ぐべからず

よき人の教えを守り
我意をおさえ
努力を惜しまず
神仏を信ずれば

御加護を得て
幸せを得る

納得の【吉】でした
 

長野旅行

  • 2010.10.14 Thursday
  • -
 
いきなり決まった長野旅行。
日にちを聞くと、三連休のど真ん中じゃーん
でも、きっとこのタイミングで行く必要あったんだよね、私達。

必死でレンタカーを探す、仕事してる場合じゃない(笑)
でも結構良い条件で探せたよ。
JRの「とれんたくん」でチケット代も20%OFFになったよ。
お宿も一部屋だけ空いてたよ(なぜ空いているのか、それはちょっと年代物・・・)。

おっ、これは行けちゃうね
あれよこれよと当日になった。

今回の私達の旅のテーマは、ズバリ、
「しょっぱい旅(男旅)をいかに楽しむか

混み混みの戸隠神社、前回一人で来た平日の雰囲気とはがらり。
駐車場での順番待ちで炸裂する「ぼたんフラッシュ」(必殺技)

奥社ではなんと2時間待ち、しかも傘を出したりたたんだり。
神様もこれでは大変じゃ〜。

今回の私の旅の目的は、
,椶燭鵑舛磴鵑般柑劼舛磴鵑鮓猶へ無事に案内すること
∪粁神社に伺い、NEWサロンで櫻子さんのヒーリングを受けさせて頂くこと

初日で,魯リアしました。
2日目に続きます

赤城神社

  • 2010.10.02 Saturday
  • -

本日は涼音さんにヒーリングをしていただきました!
アチューメント後のトリートメントです。

エネルギーがとてもクリアな状態を保っているようで、
とてもエネルギーがきれいに流れているのを感じます。
重力はものすごく手足はビリビリしておりました。
涼音さんありがとうございました(あとで感想送ります)

その帰り、キレイになった赤城神社へ。
人がたくさんいて結婚式も執り行われていました。



御祭神は「岩筒雄命」様との事です。
人がいっぱいいましたが、なんとか写真を撮れました。
参拝した時のエネルギーはとても力強かったです。
出世稲荷はまだ工事中でした、残念。

近代建築との融合がかっこいい、都会的な神社になっていました。
が、訪れた皆さんは口々に「良くなったね〜」と言っていました。
今後もみんなに愛される神社、間違いなしです。



日枝神社(修正)

  • 2010.10.01 Friday
  • -
 


銀座三越のお花屋さんのアレンジメントフラワーさんたちです。
本日はここでとても素敵なアマリリスの花束を作ってもらいました。
それは、本日「結婚奉告祭」を執り行うお二人の為にです。
いいなー、私もそんな花束もらってみたい



そして9/23の日枝神社。
涼しく秋らしく、雨がしとしと(出る際は物凄い豪雨でしたが・・・)。

本日はぼたんちゃんと旦那様の「結婚奉告祭」です。
ぼたんちゃんのワンピース&パンプス姿に感激。
白のレースのワンピースってかわいいねぇ。

お式が行われている時に、 大山咋神がお出ましになられました。
大きな山の上にいます、と紙吹雪が舞い始めました。
それは金色の紙吹雪でとてもキレイなものでした。
大山咋神様、花坂爺さんみたいだ。

その後、三社ワークではいろいろありましたが、
第二幕のスタートということで大変意味のある一日でした。

日枝神社のおしるこ美味しかったです

帰省

  • 2010.04.29 Thursday
  • -

明日から帰省します。
よく考えれば、いつも行っていた近くの神社が「東北のお伊勢様」
といわれている「開成山大神宮」でした。

なかなかここでのご祈祷の機会が無いので、
今回はご祈祷を受けてきます

開成山大神宮

開成山大神宮の創建は明治9年(1876)に、安積開拓完成を
祈願して全国唯一と言われる伊勢大神宮に祀られている
天照大御神を分霊勧請した神社です。

御祭神
天照大御神・豊受大神・
神倭伊波禮彦命(神武天皇)

**************************************

あと、なぜか気になるこの2つの神社には時間を作って
参拝して来ようと思っています。
名前も知らなかった神社がとても気になるのはというのは、
やはりご縁があるのだと思います。

宇奈己呂和気(うなころわけ)神社

御祭神
瀬織津姫命 
配祀 
譽田別命

安達太良神社

御祭神
高皇産靈神・神皇産靈神・飯豐和氣神
飯津比賣神・陽日温泉神・彌宜大刀自神

磐梯熱海温泉にも一泊してきます。
では、皆様も楽しいGWをお過ごし下さい

滝尾神社

  • 2010.04.20 Tuesday
  • -
私の大好きな神社の一つです。
日光東照宮の裏手にひっそりとございます。

ものすごい数の観光客もここには押し寄せません。
とても静かな聖域です。

http://kaguraden.blog11.fc2.com/blog-entry-83.html 
(プチ神楽殿より)

日光二荒山神社別宮 世界遺産
神社名:瀧尾神社(たきのおじんじゃ)
ご祭神:田心姫命(たごりひめのみこと)
鎮座地:栃木県日光市山内

東照宮には小さい頃から何回も行っていたのですが、
(地元が福島なので)
ここには3年程前に何かに引き寄せられるように伺いました。

是非、日光へお出での際は、行ってみて下さい。
めちゃくちゃお勧めです

P.S.涼音さんも知っていたのにはびっくりしました。

開かずの門、400年ぶり開く

  • 2010.04.14 Wednesday
  • -
東寺の「不開門」が開いたそうです
何か意味があるのでしょうか?
アセンション説や多次元の扉が開いた説などいろいろ
あるようですが果たして・・・。

-------------------------------------------------------

世界文化遺産に登録されている京都市南区の東寺で、
「不開門」(あかずのもん)と呼ばれる東大門の解体、
保存修理が行われることになり、14日午前、法要が営まれた。

「開門の儀」が執り行われ、前回の大規模な修理以来
405年ぶりに門が開いた。



東寺によると、東大門は1336年(建武3年)、東寺に布陣した
足利尊氏が後醍醐天皇の命を受けた新田義貞の軍勢との
戦いで閉ざして以来、災害や修理以外で開門したことがない。

建武3年(1336年)新田義貞が東寺の足利尊氏を攻めた
おり、尊氏が門を閉めて難をのがえらという故事にちなんで
それ以後開かずの門となった。

1423年に強風で門が開いたほか、1596年に起きた地震で
破損し、1605年に豊臣秀頼らが修理した際に一時的に
開門した記録があるという。
(Yahoo!ニュースより)

-------------------------------------------------------
 

ある日のおみくじ

  • 2010.04.14 Wednesday
  • -
会社の近くの「雉子(きじ)神社」様で引いたおみくじです。

<ご祭神>
日本武尊(やまとたけるのみこと)
天手力雄命(あめのたちからおのみこと)
大山祗命(おおやまつみのみこと)

いろいろ仕事で悩んでいたので、これを読んで本当に感激しました
そして、人間の悩みなんて小さいな〜って思ったのです。

------------------------------------------------

神の教

天地一ぱい広がる力、神とひとつになった時
肉体に制約する人間の力は、誠にか弱い小さいものであるが、
神様に通じ、神様と一つになりきれば、果てもなく強く大きくなって行く。

さればひたむきに神様を仰ぎとうとび、神様を信じ敬い神様と
御一体になるまで拝みつづけ念じつづけましょう。

(漢字や文体は全て原文の通り)

------------------------------------------------

でも、今記事にしてみて思ったこと。
念じつづけましょう・・・って、なごさん思い出しちゃったょ

伊勢参り(その3)

  • 2010.04.14 Wednesday
  • -

遅ればせながら、伊勢の続きです(えっ、今更・・・)。

内宮を後にし、車で「瀧原宮」へ向かいます。
ナビをSETしてぶーんと走っていると、信号待ち。
なぜか呼ばれている、ん?どなたですか?

ナビを見ると森、左窓を見ても森。
分からないので、ナビのカーソルを更に左へ・・・。
えっ、「月夜見宮」様でしたか!?

行きたいけど場所が分からないからまた今度でいいや(失礼)
と思っていたけど、何かのご縁ですね

駐車場に車を止めると「注意!盗難多発地点です!」
とナビが言っていた。神様も大変ですね

「月夜見宮」様は数名観光客がいましたが、とても静かなお宮。
来れて良かったです。呼んでくださってありがとうございます

---------------------------------------------------------

月夜見宮は外宮の別宮である。
神宮の別宮は基本的に1の社殿につき祭神は1神であるが、
月夜見宮は月夜見尊(つきよみのみこと)と、
その魂の月夜見尊荒御魂(つきよみのみことのあらみたま)
の2神を祀る。
1の社殿に2神を祀る別宮は他に外宮別宮の風宮(かぜのみや)
と内宮別宮の風日祈宮(かぜひのみのみや)がある。
(Wikipediaより)

---------------------------------------------------------

お参り後は予定通り、「瀧原宮」様へ。
ここはまさしく聖地ですね〜、仕事がなければずーっといたいなぁ。
ここにしばらく留まってらしたのも分かります

---------------------------------------------------------

瀧原宮は内宮(皇大神宮)別宮で、伊勢神宮のある伊勢市の西部を
流れる宮川の河口から約40km上流の、宮川支流大内山川が
流れる度会郡大紀町(旧大宮町)滝原にある。

宮域には瀧原宮(たきはらのみや)と瀧原竝宮(たきはらならびの
みや)の2つの別宮のほか、瀧原宮所管社が3社がある。
所管社の若宮(わかみや)神社には神体を入れる御船代を納める
御船倉(みふなぐら)が併設されているが、御船倉を持つ別宮は
瀧原宮のみである。(Wikipediaより)

---------------------------------------------------------

泣く泣く明日からの仕事に備えて、大阪へ向かいます。
そして梅田の会場の下見をして、ホテルへチェックイン。
長いような短いような、私の伊勢参りでした

後で聞くと、翌日私が梅田駅近くで仕事をしていた時に、
涼音さんとぼんちゃんも梅田(大阪)駅にいたとか。
実はニアミスしてました
 

Profile

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archives

Sponsored Links

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM