スポンサーサイト

  • 2010.11.22 Monday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • by スポンサードリンク
  • in -
  • -
  • -
  • -

千年後の大銀杏

  • 2010.08.16 Monday
  • -

人間は小さいです、大銀杏のスケールは大きい。
千年後を見据えて、再生を目指す。
生まれ変わって見れるだろうか?再生した大銀杏を・・・。

再生していく大銀杏のように、日本も再生していければ良いな。
そして、地球も再生してくれればより幸せ&感謝

-------------------------------------------------------------
「すごい生命力ですね。若返る気がします」
「本当に再生するんだね」

参拝客から感嘆の声が上がる。
見つめる先は、八幡宮の本宮に続く大石段脇の、こんもりとした緑の茂み。
周囲に巡らされたしめ繩がなければ、大銀杏だとは分からない。

地面に残った大銀杏の根元から、ひこばえ(切り株や根元から生える若芽)が
青空に向かって伸び、8月には長いものだと2メートルにも成長した。
隣では、移植された幹部分から青々とした芽が育つ。

炎天下でも足を止める人が絶えず、倒れてなお悠久の命をつなごうとする
植物の営みが、見る人を勇気づける。多くの人が祈った再生はかなった
かのようだ。
しかし、八幡宮の再生計画は遙か先を見つめ、まだ緒に就いたばかりだった。

「次の千年を見据え、10年かけて大銀杏の後継樹となる1本を選ぶ。
ひこばえの中には1年から5年で成長を止める芽もある。
来年以降、成長する可能性の高いひこばえを残す剪定(せんてい)を
繰り返す」。
柳田崇道権禰宜(ごんねぎ)は、千年という壮大なスケールの再生計画を語る。

千年の後も、きっと大地に根を張り続ける。
鎌倉の地ですくすくと伸びる若い芽に、そんな期待を抱いた。
(Yahoo!ニュースより引用)
-------------------------------------------------------------
 

グリーンフラッシュの伝説

  • 2010.07.20 Tuesday
  • -

グリーンフラッシュ(緑閃光)とは太陽が海に沈む瞬間、水平線に走る
ひとすじの緑の光。そして、この光を見たものは幸せになれるという・・・。

その幸せになれる現象が起きる条件は極めて厳しくて、太陽の緑が水平線に
少しだけ出ている時、赤やだいだい、黄の光は、目には届かず、緑、青、
紫だけがやって来ます。しかし、青や紫は途中で散乱してしまい、結局緑だけ
が強く見えるようになるのです。

この現象は瞬きするほどのごく短い時間しか続きません。
しかも、雲一つない透明な空と長い水平線が必要とされるため、ごく僅かな人
だけがこの光りを見る幸運に恵まれるとされ「伝説の緑光」と呼ばれます。

なんと、そんな珍しい現象をカメラに収めた方がいるらしい。
7月18日に石垣島で観測され、石垣市在住のカメラマン・中西康治さんが
貴重な瞬間を写真に収めた。(石垣経済新聞より)

とりあえず、このありがたい写真を見れた人は幸せになれると拡大解釈して
感謝しながら見てみましょうか・・・


イースター島やタヒチで天文ショー

  • 2010.07.12 Monday
  • -


南太平洋タヒチ島や巨大石像モアイ像で知られるチリ領イースター島を含む長さ
約1万1000キロの弓状の範囲で11日(日本時間12日)皆既日食が観測された。

日食はグリニッジ標準時11日午後6時15分(日本時間12日午前3時15分)に
トンガ南東約700キロの地点で始まり、観測可能地点は東方に移動。
イースター島では同午後8時11分(同12日午前5時11分)に観測された。
日食はチリ・アルゼンチン南部国境地帯でも見られた。

タヒチ島など仏領ポリネシアの島々には日食を目撃しようと、約5000人の
天文ファンや観光客が詰めかけたほか、イースター島にも約4000人が押し寄せ、
神秘的な天文ショーを楽しんだ。(時事ドットコムより)

次の皆既日食は2012年11月に豪州ケアンズなどで見られるそうです

光の神秘「夏至観音」出現

  • 2010.06.21 Monday
  • -

6月に入り、香川県小豆島町坂手の小豆島八十八カ所霊場一番札所の洞雲山で
今年も夏至前後の約50日間、晴天の日だけに拝める光の観音像「夏至観音」
が見られ始めた。光と影が織りなす神秘的な姿に、多くの信者らが、
自然のつくり出す神々しい姿を一目見ようと集まっている。


夏至観音は、南西の陽光が境内の洞くつの岩肌に差し込むと、光と影の
コントラストで観音様のように見える約3メートルの像が浮かび上がる現象。
その姿は頭を右に少し傾け、錫杖(しゃくじょう)を持っているかのよう。
19年前、お遍路さんが偶然撮影した写真で発見された。

夏至観音は、晴天の日の午後3時前後の数分間だけ姿を見せる。
南西からの日差しに照らされた岩山の影として浮かび上がり、高さは約3メートル。
冠をかぶって横に立ち、錫杖(しゃくじょう)を持ったように見える。

一瞬にしか見られないとあって、参拝者は息を凝らしながら待機。
出現を目の当たりにすると、「ありがたや」と手を合わせている。

下の写真が噂の「夏至観音」です。
一番観音様っぽい写真を探しましたが、この神秘を見つけた方が凄いですね


 

お参り女子

  • 2010.06.03 Thursday
  • -
これを見ている女子の皆様は全員「お参り女子」ですね

最近、神社に行くと子供から年配の方までほとんどの方が参拝の作法を
きちんと守っていらっしゃいます。
パワースポットブームのおかげだと思いますが、素晴しい事だと思います

-----------------------------------------------------------------------
みなさんは「お参り女子」という言葉、耳にしたことがありますか
? 
「お参り女子」とは、パワースポットと呼ばれる寺社を巡る女性たちのことです。

それらの寺社は週末になると「パワーをもらえる」「癒やされる」ということで、
たくさんの女性で賑わいます。最近はテレビでもよく取り上げられることも
あって、ますますその人気は高まっています。

特に明治神宮内にある加藤清正公ゆかりの「清正井」の人気は高く、
「この井戸の写真を携帯電話の待ち受け画面にすると、御利益がある」と
多くの芸能人が述べたことで、今や順番待ちの列が絶えません。



パワースポットとは、本来、エネルギーが集中している場所で、
病気が回復したり、自己エネルギーを強化できたりする場所と
言われていますが、実際のところ科学的根拠はないようです。

それでも世界中、至るところにも存在しており、
それだけ多くの人々の心を虜にする場所なので、
何かしら意味があるところだと言えそうです。 
(Yahoo!ニュースより)
-----------------------------------------------------------------------

「ノアの方舟」確率99.9%で発見

  • 2010.05.02 Sunday
  • -

「ノアの方舟」が最初に発見された!とニュースになったのは2006年3月。
その後、はっきりしないまま、またニュースになりました。
今回は99.9%なので、今までよりは確かかな?期待してます

【4月29日 AFP BB News】より

旧約聖書に登場する「ノアの方舟」を探す中国とトルコの探検家
チームが26日、方舟が漂着したといわれるトルコのアララト山の
山頂付近で、方舟の木片を発見したと発表した。



トルコと中国の「キリスト教福音派」の考古学者ら15人からなる探検チーム
「ノアズ・アーク・ミニストリーズ・インターナショナル」が発表したところによると、
木片はトルコ東部にあるアララト山の標高およそ4000メートル地点で発見した
構造物から採取したもの。

炭素年代測定を行ったところ、ノアの方舟がさまよったとされる
今から4800年前と同時期のものであることが確認されたとして、
方舟のものであることにほぼ間違いないとの見解を示した。

探検チームに参加する香港のドキュメンタリー映像作家、楊永祥さんは、
「100%とは言い切れないが、99.9%は確信している」とAFPに語った。

発見された構造物はいくつかの部屋らしきものに分かれ、
木の梁(はり)があるが、これはノアが動物を乗せた船室ではないか、と楊さん。
探検チームではこの構造物について、普通の住居の残がいなどでは
あり得ないと結論付けたという。
標高3500メートル以上で人の住まいが発見されたことは過去にないからだ。

旧約聖書の物語では、堕落した人類を大洪水で滅ぼそうとした神が、
ノアに方舟を作ってあらゆる動物をつがいで乗せるように命じる。
洪水が引いた時、方舟がたどり着いた陸地がアララト山の山頂とされている。
アララト山は中東で最も標高の高い山で、同山こそが本当に方舟が乗り上げ、
乗っていた人間や動物の子孫が船を降りた場所だと信じる人は多い。
(c)AFP 

衛星により撮影された写真では、標高4,663mの所に船のような形をした
丘陵が捉えられている。
ノアの箱舟の研究を行っているTaylor博士によればこの丘陵の形状を船体と
すると縦横比は6:1となり、旧約聖書に書かれている箱舟と一致するとしている。

仮にこれがノアの箱舟だとすると、全長は309mにも及び現代の最大級空母と
同程度の大きさになると言う。


クイズです!

  • 2010.04.26 Monday
  • -

Q.光はどれだけの時間をかけて太陽から地球に届く?
太陽から地球に光が届くには、どれだけ時間がかかるでしょう?

〔0.325秒
¬47秒
L8分19秒
ぬ6時間43分
ヌ7日と8時間
μ9か月
約3年

A,正解は「約8分19秒」
JAXAによると、光の速さは秒速29万9792kmほど。
太陽と地球の距離が1億4960万kmほどあり、
だいたい8分19秒かかるそう。
(Yahoo!ニュース-クイズより)

Yahoo!ニュースのサイエンスを見るのが好きなので、
見ていたら太陽に関するクイズがあったので。
意外と考えたことないジャンルですよね?

1

Profile

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archives

Sponsored Links

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM